中堅:入社9年の神田さん

中堅:入社9年の神田祐美さん(仮)

男性中心のカタカナ会社。58才。
基本給ない出来高制。

成績が上がらないどころか活動の仕方がわからなかった。

変わらなきゃ!と思い必死になって探した。

毎日毎日考え悩んだ。

うまくいかないし分からないため毎日が面白くなかった。

年齢もいっているので会社の仲間にはいいたくなかった。

内部での相談は時として人間関係をこじられてしまう為、部外者の方の方が話やすいと考えた。

そんな時コーチのホームページを見つけた。

本当に自分にあった仕事スタイルの確立が出来るのか?

成果が上がるのだろうか?

申し込むにあたり不安もあったが、とにかく気持ちを安定させたい!

不安な気持ちを取り除きたい!現状を変えたい!解決したい!そして自分が行動を変えよう!と思いたって受けることにしました。

 

コーチングを申し込んた時の状態

紹介紹介のやり方が主流の私の会社ですがなかなか気が進まずできない。

月に1件がやっとの状態でACも10前後。

件数も1.5件くらいだった。

収入は必要なのに行き当たりばったりの成果でとにかく不安な毎日。

 

コーチングを受けての結果

なんとびっくり!

まず変えたのが活動でハガキをすぐに書き始めた。

始めてなんと翌月にはお客様から3件も電話あった。

ハガキ活動を自分の強みにすべく毎日200枚、ガソリン代の代わりと思い書いている。

職域活動がない私にはとてもこれが効果的!

セッションを受けるにつれて提案の質も上がりお客様への「効果的質問」ができるようになった。

コーチは私のとらえ方を沢山変えて下さって心が楽になりお声掛けもスムーズにできるようになった。

成果もAC30を目指していたのに、3か月目にはAC28になり順調に30をクリアできる月が増えていった。

1年でAC10くらいしかなかったものがAC38までになった。

今はAC50に向けて頑張っています。

既契約家族からももらえるようになり1年経過後には本社から「なぜうまくいっているのか」とインタビューに来られたりするようにもなった。

 

コーチングを受けての感想

とにかく明るく元気。いつも元気なく電話をしても終わるころには元気になっている。

コーチの口癖は「大丈夫!まだまだ伸びしろあるわよ~」で私の心の支えとなっている。

今年は私の県に来ていただきお会いすることができ益々信頼関係が増しました。

まだコーチングを受けて1年半ですが、ハガキを軸にもっともっとコーチと一緒に伸びていきたいです。

 

 

Copyright(c) 生保レディ元気塾. All Rights Reserved.