成功のヒント6:「伝わる言葉」と「伝わらない言葉」

同じ言葉(内容)を話していても、その言葉が相手にキチンと伝わる場合と、あまり伝わらない場合があります。

「伝わる言葉」と「伝わらない言葉」

それは、言葉は「耳」ではなく、「脳」で聞かれているからです。

もし相手が緊張していたり、他の事を考えているとその言葉は伝わりません。

だから、相手にキチンと言葉を伝えるためには、どんな言葉を話すよりかよりも、まず「聞く耳」をもっていただくことが大切です。

そして、そのためには「信頼関係」が大前提になります。

お試し体験コーチング受付中 →

 

 

 

Copyright(c) 生保レディ元気塾Able. All Rights Reserved.